撮り鉄ドットコム

南海高野線沿線のインスタグラマー@nankadaid810によるワンマン運転です時々 鉄道以外の話題も扱います

記事一覧【鉄道コム上】

おすすめ記事

3色のやくも、2024年 3月〜4月運用表・時刻表

南海高野線平日運用表休日高野線運用表

初心者むけの撮り鉄向けカメラの選び方

NankadaOneの風景写真作品を買う

※本文(列車番号)を含む検索は鉄道コム上での検索が便利です

【空転・0.5M】最近227系がトラブルメーカーな案件多発について

先月227系は仲間が増えたり、運転区間が増えたりと色々めでたいことがあった反面、ちょっと心配なニュースが複数見られました。

まず一つ目はセノハチ(瀬野ー八本松間)で空転を起こして立ち往生した事案

https://www.westjr.co.jp/press/article/2023/11/page_23842.html

リンク先のURLを読むと

6;原因と対策 原因:降雨によりレールが濡れたことによるものと推定しております。 対策:瀬野駅~八本松駅間の13箇所に、容器に入れた空転防止用の砂を配備します。

と記載されておりあまりにも227系の0.5Mが原因を匂わせるような記述があった。

その次にオーバーランしちゃいました案件

https://www.westjr.co.jp/press/article/2023/11/page_23952.html

リンク先の原因と表しているところでは

6原因 停車のためのブレーキ操作中に雨により滑走したためと推定しています。

と書いており運転士の操作に問題がなかったような記述がされていた

というぐらい227系のブレーキの効きが悪く責任転換できる筐体なのかもしれないです。

トドメを刺すかのように連結失敗で遂に廃車発生!?

呉線広駅で連結作業中、ブレーキの効きが悪く予定以上の速度でドッキングしてしまい連結作業失敗

その結果車体の台枠などが損傷し修復困難な状況となり1編成分丸ごと廃車が必要になってしまったようだ

詳しくはこちらの記事で掲載しています

というぐらいこの頃トラブルが連発しています

空転?オーバーラン?227系のせいにすればいいじゃん

※上の写真は113系です

2編成程度115系A編成を岡山から広島に戻し運転技術向上のため営業運転で走行すべき状況ではないでしょうか?

最新の情報は下記の記事一覧が便利

当ブログの記事一覧はこちら「鉄道コムへ変移します」

AI Pickup

鉄道イベント情報近畿エリア(鉄道コム) (南海のみ)

鉄道イベント情報全国(鉄道コム)

ブログランキング参加中

上記に表示されてる鉄道コムロゴをクリックして応援してください

ツイッターなどSNSの転載コンテンツについては各社のSNSの利用規約の再許諾規定に基づき実施しています

写真が正常に表示されない場合はサイトポリシーを一読の上動作環境下での再アクセスをお願いします

ご意見箱

サイトポリシー内 動作保証環境外のシステムからのメッセージ送信はエラーが発生しがちです)

(C)撮り鉄.com by NankadaiOne 

当サイトのリンクは原則フリーですが画像への直リンクはお断りしています。

情報利用の詳細ルールはサイトポリシーをご確認ください

サイトポリシー理解できぬ者は記載している情報の無断転載を禁ずる

SNS

【管理人、撮り鉄ドットコムへのなりすまし行為にご注意ください】

情報の間違えの指摘はコメント欄へお願いします

なおコメント欄で間違えなど指摘される場合はコメントを公開せずメールで返信させていただく場合がございますので返事が必要な方はメールアドレスを必ず記入ください。

Published by


フィードバック

  1. おたくのアバター
    おたく

    225系等は0.5Mでも走れているのに

    1. NankadaiOneのアバター
      NankadaiOne

      それが不思議なのですよね….何故227系0番台ばかりトラブルを起こしているのかが私も不思議です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Operation is not guaranteed-お客様の環境は動作保証環境外です

Please go to another site

動作保証環境外での閲覧はトラブル防止のためお断りしてます他のサイトへどうぞ

撮り鉄ドットコム 動作保証環境

おすすめは鉄道コム

Recommended site: tetsudo.com

error: 複製前にサイトポリシーをお読みください